中距離runingて中にフォームを維持

著者:スティーブ・ベネット

 
 

印刷可能なように公開された 電子書籍 2002
ISBN 0-9580746-1-5

 

はじめに

何年もの間、私は中距離のレースを見ていると私はエリートの一部に存在する特別な何かに気づいた。 そのようなデビッドRudisha、ウィルソンKipketer、ヒシャム·エルGuerrougeとセバスチャン·コーなどのアスリートに特に顕著である。

 

 

 

 

 

これは、使用してすぐに購入することができます

PayPalを通してあなたのビザ、マスターカード、ディスカバー、またはアメリカン・エキスプレスのカードでしっかりと私を支払います! ビザ、マスターカード、ディスカバー、アメリカンエキスプレス


のためにすぐにフォームを維持ダウンロード US $ 3.99

彼らは違うものを評価する際には、これらの選手が2つの分野で明らかな特殊能力を持っていることを識別できます。

1。 レースペースでの "スピードやすさ」の信じられないほどの外観。 彼らはレースの途中の段階で難なく実行できるようにするようだ。 すべてはまだ、彼らがレースペースでの見かけ上の効率で巡航することができた大規模な選手ではありません。 これは、加速し、最大に近いペースで「ギアを変える」ための優れた能力を伴っている。

2。 彼らはレースの全​​期間にわたって、最も効果的なランニングフォームの非常に高いレベルを維持することができる。 これらは最終直進性が悪く走行位置に崩壊しない。

私は、これらの2つの特殊能力は、任意のアスリートのメソッドの範囲を用いて開発することができると信じています。 選手は上記の特殊能力を向上させることができ、さまざまな方法は、いくつかの実用的な提案を本論文で説明します。

 

コンテンツ

特別な能力のためのクエスト
悪い習慣の「研修中」
加速とギア
「フォームの喪失」の本質
フットストライクの改善
膝リフトの最適化
骨盤を安定化
私たちは、私たちは技術を変更する必要がありますすることはできますか?

特殊能力を改善するためのコンディショニング
機能の改善に焦点を当て
理学療法の評価
ミッドトルソーコンディショニング
スイスボール
ピラティス
医学ボール
Theraband演習
ウェイトトレーニング
サーキットトレーニング
足首のコンディショニング
背屈筋のための運動のアイデア
フットコンディショニング
プライオメトリクス

ランニングに利益を転送
ドリル
Hipflexorコンディショニング
アーム&肩
凹凸面上で実行されている
ヒルトレーニング
抵抗そりテンポトレーニング
ダウンヒルランニング
テンポトレーニング

企画のアイデア
計画に関するいくつかの考え
レース準備フェーズ
財団トレーニング
(若い選手)

一部のOztrack電子ブック 顧客のコメント あります ここ

フォームでのメンテナンス
NOW US $ 3.99

ISBN 0-9580746-1-5


これは、使用してすぐに購入することができます

PayPalを通してあなたのビザ、マスターカード、ディスカバー、またはアメリカン・エキスプレスのカードでしっかりと私を支払います! ビザ、マスターカード、ディスカバー、アメリカンエキスプレス




Or


銀行はより多くの国やカードからの支払いを受け入れることができます]をクリックします。
クリックして銀行をクリックして使用してください ここ.

 

www.oztrack.com

 

リファレンス

滑降とエキセントリックトレーニング
オーウェンアンダーソン
http://www.pponline.co.uk/encyc/0009.htm

どのようにあなたの足の下の部分を強化し、新スプリントの問題を防止する(又は修理)する。
by O.アンダーソンおよびW.レイノルズ
http://www.pponline.co.uk/encyc/0161.htm

足底筋膜炎アドバイス
0による。 アンダーソン&W.レイノルズ
http://www.pponline.co.uk/encyc/0180.htm

JHピラティスの作業に基づいてマットワークアウト
デニスオースティン(ビデオ)による

障害物競走訓練における準備フェーズ
A. BelichkoおよびV Sirenkoによる
現代アスリート&コーチ35:1 p7 1月1997

長距離走の接地
トニー·ベンソン
現代アスリート&コーチ39:3 p35 7月2001

水平の特異性は、パフォーマンスのジャンプ
ゲイリー·ボーンによる
現代アスリート&コーチ33:3 p3 7月1995

より強いABS&バック
ディーンBrittenham&グレッグBrittenham(1997)

走行中の速度論的措置で背屈筋疲労の影響
K.クリスティーナ、S.ホワイト&J·マクロイによる
http://www.asb-biomech.org/NACOB98/204/index.html

アウターユニット
ポール·チェクによる
陸上競技の新研究(2000)15:2、p52-62

科学コアコンディショニングコースノート
ポール·チェク(1998)による

アスリート集1&2スイスボールエクササイズ
ポール·チェク(ビデオ·シリーズ)による

ベターABS、パン&バックススイスボールエクササイズ
ポール·チェク(ビデオ·シリーズ)による

強さを通してスピード
ピーター·コーによる
アスレチックス今日シリーズ

ミドルの距離トレーニング中プライオメトリクス
AbrieデSwardtによる
現代アスリート&コーチ36:1 p31月1998

中距離走行時の疲労の役割の生体力学的評価
紀元前エリオット&AD·ロバーツ
応用スポーツ科学5のカナダジャーナル:4 p203-207、1980

スポーツ活動における中期胴体の機能
エイドリアンFaccioniによる
トラックコーチ秋 - 1995

スピード&パワー開発のための医学ボールの使用
by エイドリアン Faccioni
http://www.faccioni.com/Reviews/medballtraining.htm

ヤングアスリートコンディショニング
By エイドリアン Faccioni&ディバーンズ
http://www.faccioni.com/lectures/juniorcondition.PDF

マッハランニングドリルの電子円卓会議ザ·利用
V.Gambetta、A. Faccioni、C.マレット、E. Peltola、M. Ladbrookによる
現代アスリート&コーチ40:1月2002 p9 -13

基本的な楽しさ
バーンガンベッタすることにより
トレーニング&コンディショニング

 

ムリープ&境界
バーンガンベッタによる
スポーツコーチ - 夏1996

どのくらいの強さで十分です?
バーンガンベッタ(1997)による
http://www.gambetta.com/articles/a97005.html

スポーツパフォーマンスのための脚筋力
バーンガンベッタ(1997)による
http://www.gambetta.com/articles/a97006.html

骨盤機能障害の評価に関連した解剖学的および生化学的な考慮事項
バーバラ·ハンガーフォードによる
http://www.amta.com.au/spinepain.html

トップへの実行
アーサー·リディアード1995による

トレーニングの距離ランナー
D.マーティン&P.コー(1991)によって、

走行中の武器のバイオメカニクス
ミーガンモロー
http://dragon.acadiau.ca/~pbaudin/meganppr.html

爆発·筋力トレーニングは、実行中の経済性と筋力を向上させることにより5キロ走行時間を改善します。
L Paavolainen、Kハッキネン、私Hamalainen、A Nummela、H RUSKOによる
(1999)J APPL。 Physiol。 86:1527-1533

ランニング運動の基礎 - クリニックノート
ジャック·プロス&トニー·ディクソン、10月1994による

エキセントリック運動の損傷による被害と修復の指標としての筋の機械的性質
U. Proske、N.ホワイトヘッド、Jランデル&D. Morganの
生理学、モナッシュ大学、ビクトリア、オーストラリアの部
AISでの手続きの筋肉シンポジウムブック、1999

中距離ランニングトレーニング中のスピード筋力の開発
Legkaya Atletika、ロシア、いいえ1、月1991から - A. PoluninおよびG. Narskinによる
現代アスリート&コーチ34:3 p32月1996

距離走行性能上のプライオメトリックトレーニングの効果
by ロバートSpurrs 、アロンマーフィー&マークWatsford(2002)
人間 運動 部門
大学
技術、 シドニー

どのようにオリンピックチャンピオンスヴェトラーナMasterkovaトレーニングされています。
スベトラーナStorkinaによる
トラックコーチ冬2001 p5060

中距離ランナーの強さが必要なのですか
フェリックススースロフによる
ミドルの距離現代理論。 ジェスJarver p113-116による編集

スプリントテクニックに疲労の影響を受けた変更
V.ツパン、F. Gusenovとすることにより I. Mironenko
現代アスリート&コーチ33:3 p7 7月1995

ジャンプ性能に足極限筋力トレーニングの効果
C.アンガー&木製M.の
強さのジャーナル&コンディショニング研究:巻 14号4頁373-378。

1997シーズンにヒシャム·エルGuerroujのトレーニング
マルコVelediazによる
http://run-down.com/guests/mv_el_guerrouj.php

疲労と距離ランニングキネマティクスの変化
KRウィリアムズ、R.スノー、C. Agrussによる
スポーツバイオメカニクス1991の国際ジャーナル:7 p138-162

 

GTranslate Your license is inactive or expired, please subscribe again!