現代のスピードトレーニング電子書籍です。

エイドリアンFaccioniによる。

エイドリアンは、キャンベラ大学のスポーツコーチング度の元のコースコンビーナた。 彼は現在2004オーストラリアのオリンピック陸上競技のプログラムのためのオリンピック諮問委員会のメンバーでもあります。 彼はオーストラリアのスポーツの広い範囲にコンサルタントとして雇われている。



本全体は、 印刷可能な と135 A4ページ+写真で構成されています。

WindowsまたはMacのバージョンが用意されています。

この電子ブックが更新され、登録されます 購入者は、ダウンロードすることができます 自由のためのすべての将来のアップデート

エイドリアンFaccioni 慎重に検討し、ジョン·スミス(モーリス·グリーン、阿東ボルドン)、ダン·パーフ(ブルーニースリン、Obadeleトンプソン)とチャーリー·フランシス(ベン·ジョンソン)など、世界最高のスプリントコーチのいくつかの方法を比較しました。

エイドリアンは、ダイナミックプレゼンター、私が見た中で最高の一つです。 彼はに関連したエッジのアイデアを切断する大規模な範囲を共有することができます 速度 および 財団 トレーニング。

スティーブ·ベネット
www.oztrack.com


2001エイドリアンにすることができる2つのプレゼンテーションを行いました 無料でここからダウンロード。

ヤングアスリートコンディショニング
エイドリアンFaccioniとディ·バーンズによる

パワーポイントプレゼンテーション1282KbのPDFファイルをzip圧縮

米国スピードトレーニングテクニック - パーフ、スミスなどで使用されているアイデアのいくつかを比較し、説明して

パワーポイントプレゼンテーション527KbのPDFファイル


現代のスピード入門 エイドリアンFaccioni(HTMLページ)による


コンテンツ

第1部:
スピード開発の科学
(35 A4ページ+写真)


章1 スピードの生理 (7 A4ページ)
1。 筋肉型
2。 神経プロセス
3。 テクニック
4。 解剖学
5。 ストレングス&パワーレベル
6。 エネルギー供給の可用性


章2 スピードの成分 (8 A4ページ)
1。 反応時間
2。 アジリティ
3。 加速局面
4。 最大走行速度
5。 減速フェーズ


章3 短距離走の運動学 (8 A4ページ)
1。 短距離走ストライド
2。 最適なストライドの長さとストライドレート
3。 エリート·サブエリートアスリートのために運動学的変数
4。 エリート·サブエリートアスリートの水平方向のベロシティ
5。 スプリント変数間の相関
6。 短距離走では機械効率


章4 復旧の重要性は、開発をスピードアップするために、 (12 A4ページ)
1。 ニューラル対筋肉疲労
2。 回収技術
3。 スーパー補償プロセス



PART TWO:
速度を向上させるトレーニング
(78 A4ページ+写真)について


章5 トレーニングコンポーネント (11 A4ページ)
1。 ストレングス&パワー
2。 スピード持久力
3。 柔軟性


章6 スピード·セッションのための準備 (7 A4ページ)
1。 ウォームアップ
2。 ウォームダウン
3。 トレーニングセッションではスピード作業を行うときに
4。 マイクロサイクルではスピードトレーニングを行うためにする場合


章7 スピード成分を標的 (11 A4ページ)
1。 反応時間
2。 アジリティ
3。 加速度
4。 最大走行速度
5。 減速フェーズ


章8 ミッドトルソー&スピード性能 (9 A4ページ)
1。 解剖学&キネシオロジー
2。 ミッドトルソーでのスポーツ活動の機能
3。 ミッドトルソーの開発
4。 体重ルームミッドトルソートレーニング
5。 オンサイトミッドトルソートレーニング
6。 ミッドトルソートレーニングのバリエーション


章9 医学ボール&スピード開発 (6 A4ページ)
1。 医学ボール概要
2。 具体的なミッドトルソー演習
3。 一般&具体的なボディコンディショニング演習
4。 バランス&コーディネーション演習
5。 スプリント固有の活動


章10 抵抗したスピードトレーニング (9 A4ページ)
1。 筋力トレーニング
2。 加重ベスト演習
3。 加重パンツ演習
4。 上り坂ランニング
5。 砂の上&ウォーターでランニング
6。 抵抗した曳航
7。 バウンディング


章11 アシストスピードトレーニング (6 A4ページ)
1。 支援研修
2。 アシストけん引
3。 ダウンヒルスプリント
4。 高速トレッドミル短距離走


章12 スピード開発のためにスピード&コーディネーションドリル (8 A4ページ)
1。 スプリント固有のドリル
2。 スポーツ固有のドリル
3。 スピード、敏捷性&反応時間を改善するためのドリル


章13 プライオメトリクス&スピード開発 (11 A4ページ)
1。 プライオメトリクスへの紹介
2。 プライオメトリックテクニック
3。 高度なプライオメトリックテクニック


章14 スピードのパフォーマンスを向上させるために筋力トレーニング (13 A4ページ)
1。 主要な筋肉群
2。 重部屋の外の一般筋力トレーニング
3。 体重室内全般筋力トレーニング
4。 スプリント·比強度開発演習
5。 筋力トレーニングのPeriodisation


章15 スピードトレーニングのPeriodisation (10 A4ページ)
1。 基本Periodisation構造
2。 準備フェーズでは、スピード·トレーニング
3。 大会フェーズではスピードトレーニング
4。 抵抗&アシストトレーニング方法の使用



第3部:
専門トレーニングプログラム
(15 A4ページ+)


章16 プレティーンの子供でスピード開発 (8 A4ページ)
1。 物理属性の開発
2。 テクニックを学ぶための最良の時間
3。 スピードトレーニングのメリット
4。 トレーニングプログラム


章17 チーム·スポーツ選手のためにスピード開発 (7 A4ページ)
1。 スピードのために強さを開発する
2。 加速度を最大化するための技術
3。 加速、ボディポジション&アジリティを向上させるためにドリル
4。 スピード持久力の開発
5。 スピードトレーニングのPeriodisation




付録1はテスト&プロトコル - スピード、敏捷性、パワー&持久力 (5 A4ページ)
1。 5-60mスピードテスト
2。 5-0-5敏捷性テスト
3。 走り幅跳び立ち
4。 垂直跳び
5。 解糖テスト1
6。 解糖テスト2

リファレンス


一部のOztrack電子ブック 顧客のコメント あります ここ

現代のスピードトレーニングです
NOW US $ 4.99

Oztrack電子書籍 優れた特長があります。

現代のスピードが印刷された形ではまだ利用できません。 しかし電子書籍のバージョンが印刷可能です。

Oztrackですることで、より電子書籍を見る www.oztrack.com

GTranslate Your license is inactive or expired, please subscribe again!